元国語教師が「言語」と「英語」を考えるブログ

「言葉」との向き合い方、 英語学習、スペイン語、マーケティング、ポジティブ心理学について考えていきます!

DUO 3.0 で頻出の単語と熟語を例文で覚えよう!

 

 

DUO3.0とは

DUO3.0とは、鈴木陽一氏が生み出した効率的に英単語を覚えることを目指した、画期的な単語集です。TOEIC受験英語に必要とされる、現代重要単語1600と熟語1000が560の例文に凝縮されている。この例文を考案するのに、どれだけの時間を費やしたのかは正直想像ができません。

 

著者に感謝の気持ちを込めて、私はありがたく英単語を覚えてきました笑。いかにDUO3.0の威力がすごいのか、私たちの忘却する脳をどう救ってくれるのかにポイントを絞ってご紹介していきたいと思います。

 

 

忘却への挑戦

英単語を毎日必死で覚えると、日々忘れてくる単語が必ず出てきます。人それぞれ覚えるスピードは違うが、忘れるスピードは同じであると聞いたことがあります。

 

とにかく人間は忘れる動物であるから、悲しいことに英語学習でもその本能と向き合わないといけません。そういう時に忘れにくい、コアな英単語があると脳からこぼれ落ちる単語を最小限にとどめることができるでしょう。ボキャブラリーの基礎が少しずつできてくれば、簡易な小説や雑誌も英語で読むことができますし、簡単な英会話もできるようになります。

 

そのコアなボキャブラリーを手に入れる方法は、とにかくDUOの560の例文を肌身離さず、いつもそばに置いておくことです。

 

 

単語に魔法の味付け

一言で言えば、単語という全く味気ない文字のかたまりに精巧な仕掛けをかけた単語集でしょう。無駄のない効率的な配列と手の込んだ例文は芸術作品のようです笑。また、同じ単語が重複しないので、例文一つ一つを効率よく学習することができます。使っていくうちに、いろんなトリックに気づいていくのも楽しいです。

 

とにかく、ストーリー仕立てになっている英文は読み物としても面白く、場面を想像しながら単語と熟語が脳に定着していきます。単語帳という枠を逸脱している完成度に、勉強をしながら「よくもこんな完璧なものをつくったな!」と感心してしまうほどです。しかし、感心しているだけではだめです。完璧な単語帳は最後までやりきることで、はじめてその威力が発揮されます。

 

 

復習CDの抜群の効果

復習用のCDは別売りですが、効果的に英文を記憶したいなら同時に購入することをオススメします。シャドーイングや英文→日本文、日本文→英文に瞬時に訳せるようにするなど使い方は様々ですが、私のオススメはCDを聴いて情景をひたすらイメージすることです。

 

ただ、イメージするのではなく一単語、一単語正確に頭の中で情景を創りあげていきます。DUOに出会う前は、単語がばらばらで味気ないものだったと思います。ですが、だんだんと英文を暗記して、単語と単語のつながりが見えてくると目をつぶったときに突然、ありありと情景が浮かんでくるようになります。

 

それを、CDを聴きながら徹底的に再現していきます。何度も聴いているうちに、情景を正確に頭の中で描くことができるようになるでしょう。すると不思議なことに、IELTSのリスニングでも少しずつ情景が浮かびあがってきます。

 

 

まとめ

最後にTOEFL3800との併用について補足について。レベル的にはTOEFL3800のrank1を完璧にマスターした後、rank2を覚えながらDUOを併用していくのがベストかと思います。

 

ただ、時間に余裕があるのであれば、DUOをマスターした後でTOEFL3800に移行しても大丈夫だと思います。